加熱式タバコ(電子タバコ)って? 新しい法律「受動喫煙対策法」成立で注目されるかも 「電子タバコ」

たばこ吸うセセにとってけっこうツラい法律ができました

・受動喫煙対策法が成立

2018年7月18日に

「受動喫煙対策を強化する改正健康増進法」(受動喫煙対策法)

が参院本会議で成立しました(要するに国の法律になったということ)

nosmoking.jpg

かんたんに説明すると

“個人の敷地以外の屋外で指定された喫煙所以外ではタバコは吸ってはいけない

事務所や飲食店などの人が集まる場所はタバコは吸ってはいけない

特に行政機関や学校・病院・児童施設などは一切喫煙所をつくらない

例外として個人や中小企業がやっている小さい飲食店とかは貼り紙などで「喫煙できます」とすればOKとなる”

なかなか厳しい法律です

当然、喫煙者のセセには不満もありますが

一部の歩きタバコをする人やポイ捨てをするなど

迷惑な人がいるのは事実ですし

タバコが体に悪いのは百も承知です、はい!

セセもタバコを吸いはじめたころは(イキがって吸いはじめたんですよ)

マナーも守らず迷惑かけてました(さすがに今はしてません)

法律ができた以上しっかりと守ります

で今回は何を言いたいのかと言うと

「加熱式タバコ」(電子タバコ)です

実はセセは現在ふつうのタバコ、「紙タバコ」(火をつけて吸うタバコ)を吸っていません

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社(銘柄でいうとケント、ラッキーストライク、クールなど)の出している

「glo(グロー)」

glo.jpg

という電子タバコを吸っています

・で「加熱式タバコ」がなに?

産経新聞の記事「受動喫煙防止法成立 東京都は従業員の有無で規制 国より厳しく」(2018.7.18)のなかで

“急速に普及が進んでいる加熱式たばこでは、都は当初、紙巻きたばこ同様の規制を敷く方針だったが、「健康影響が未解明」として国同様、加熱式のみ喫煙できる専用室で飲食可能とした。また、国が罰則を適用するため、都は罰則の対象外とした。”

とあります

加熱式は今のところ少しだけ特例があるみたいなのです

少しだけですし基本的にはいっしょですが


・じゃ~電子タバコって何?

何種類かあるのですが

セセが吸っている「glo」や「iQos(アイコス)」は

iqos.jpg

「加熱式」と言われる種類になります

タバコに火をつけて煙を吸うのではなく加熱して水蒸気を吸う

というタバコです(くわしい説明は「加熱式たばこ」wikipedia)

火を使わないので灰皿不用

基本的にゴミ箱に直で捨てることができます

販売しているメーカーは一般の「紙タバコ」より害が少なく安全だとしているのですが

その主張もぶっちゃけあんまりアテにならないのかな?

あくまでセセ個人の意見ですが

臭いや喉(のど)のイガイガ感は紙タバコよりは少ないと感じています

ファミレスなどの喫煙席で同席しているセセの家族や友人たちの意見ですが

「普通のタバコより臭くない」

とのことです

これもセセ個人の意見なのですが

外に出かけている時にタバコを吸いたくなったら当然喫煙所に行きます

喫煙所は大小様々ですがどこかの施設内の場合は一つの部屋の場合が多いです

空気清浄機がガンガン効いている所や単なる灰皿が置いてあるだけのところとか色々ですが

密室です

最近は普通のタバコを吸っている人と同室すると

「クサいな~」

と感じるようになったんです!

あと電子タバコにしてから紙タバコを吸わなくなりました

電子タバコが手元に残っていなくて

買い置きしていた紙タバコを吸ったら

ヒドい立ちくらみと喉のイガイガ感がして

吸えませんでした


なぜ一番売れてる「iQos」じゃなくて「glo」なの?

そもそも「電子タバコ」に対してあんまり乗り気ではなかったです

「iQos」はスターターキット(中味は下記)が1万円~

ホルダー
加熱して喫煙する本体

ポケットチャージャー
ホルダーを充電する機械

USBケーブル
ポケットチャージャーを充電する為に使用

クリーナー
ホルダーを掃除するための道具

クリーニングスティック(20本)
ホルダーを細かく掃除するための綿棒

取扱説明書、保証書

そもそも本来のタバコは

タバコ(500円以下、それ以上の値段もたまにはある)とライターがあれば吸えました

吸うための道具が高いと感じたのがまず一つあります

ライターは100円くらいですし(ジッポとかも当然ありますし使ってましたが)

タバコをきらしたりしてもライターと一緒にコンビニとかで買えばいいんですよ

吸うための道具を充電とか掃除とか・・・めんどくさい!

もう一つは吸う時間

「iQos」は1本のタバコの喫煙時間及び吸える回数があって

だいたい6分か14回吸うことができます

まぁ普通のタバコと変わらないのかもしれません

でも1本吸い終わるとホルダー(タバコを加熱する機械)をポケットチャージャーに差し込んで充電(チャージ)しなくてはいけないんです

チャージ時間はだいたい4分くらい

要するに連続で吸うことができないんです

ふだんタバコを吸うときは1本ずつで連続(チェインスモーキング)は吸いませんけど

例えば仕事中の休憩時間など時間が決まっている場合

喫煙者の多くは吸いだめとでも言うのか

何本か連続で吸う人が多いと思います

15分の休憩だとして

普通のタバコ1本を5分で吸うとすると

3本は吸えます

でもチャージ時間があるとギリギリで2本です

「そんなに吸いたい?」と言われそうですが

飲み会で頼んだ次のお酒がなかなか来なかったり

食べ放題なのに料理がなかなか用意されなかったら

イライラまではしなくても困りますよね

そんな感じです(例えが微妙かな?)

でも「glo」は違うんです

値段は若干安めの8000円~くらい(それより安い所もあるみたいです)

「glo」スターターキットの中味は

グロータバコヒーター(本体)

USBケーブル

クリーニングブラシ

AC アダプター

ユーザーガイド、安全のしおり、保証書

あれ?なんか「iQos」より少なくないですか?(理由はのちほど)

たばこ本体の種類(フレーバー)はメンソール系が多いです

ってそんなことより

「glo」は連続で吸えるんです

加熱式なのでタバコを差し込んで吸うまでの時間はかかります(40秒くらい、iQosが20秒くらい)

で3分半吸えます(iQosが6分なので半分くらいの時間)

ここからがiQosとの違いです

gloはiQosと違って「ホルダー」「ポケットチャージャー」に分かれていません(だからスターターキットの付属品が少ないんです)

本体に直接タバコを差し込んで吸います

1本吸って40秒待てばすぐ次のタバコが吸えます

4分20秒と40秒の差は意外と大きいですよ

それがセセが「glo」を選んだことの最終的な理由となりました

確かに「iQos」の方が外見がオシャレです

「iQos」用のアクセサリーは「iphone」のアクセサリーの用に多く用意されています

対して「glo」は本体一体型なのでiQosより大きくて(普通のタバコにくらべると本当に大きいです)

アクセサリーもあまり種類が多くないです

でもいいんです

連続で吸える

充電はスマホと一緒でUSBケーブル差し込むだけ

掃除も

iQosは針状の「加熱ブレード」という繊細な物があるので気を使いますが

gloはブラシを突っ込んでゴシゴシするだけ!!!

あくまでセセの意見ですが(笑)



普通のタバコに比べて

少しだけ健康に良さそうで

法律からも少しだけ優遇されそう

臭いもそんなにしない?

火事も起こらない(それでも寝タバコには気を付けましょう)

タバコは吸わないのが一番ですが

電子タバコっていうオプションもありではないですか?

ちなみにセセはJTのPloomTECH(プルームテック)も持っています

そちらについてはまた別の機会にでも



コンビニその他でタバコ本体が購入できる電子タバコは現在こちらの3種類です

スターターキットはネット通販やコンビニでも購入可能ですが

購入後は下記の公式ページで製品登録すると色々とお得で便利なようです


[ラッピング済] グロー 新型 glo スターターキット セット 本体 (ラッピングセット, シルバー)

<glo™公式ウェブサイト> 未来をシンプルに楽しもう


[ラッピング済み] アイコス 新型 iQOS 2.4 Plus KIT 国内正規品 本体 キット セット (ラッピングセット, ネイビー)

IQOS(アイコス)・ 革新のたばこヒートテクノロジー


M1.25 バージョンアップ仕様(ソフトキャリーケース)【新品】【正規品】プルームテック 本体 正規品 (プルームテックキット)

Ploom TECH(プルーム・テック)公式サイト


この記事へのコメント


ランキング参加してます 今回のブログ良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク